鹿と箱の日々

重度の鹿島アントラーズ&XBOX360依存症のブログ主が、鹿島&XBOX360に関する話題を中心に日々起こった事を綴っていくブログ。

プレビュー - Wikipedia

プレビュー:プレビューとは、開催される予定のスポーツの試合等について、当該チームの力関係や現状の分析から、試合の展開等を予想したもの。使用例:J1第26節 対大宮戦(プレビュー)


ハイハイ、さっき私が書いた大宮戦の記事はプレビューじゃありませんねwまあ、この完成度の低いWiki的な文章も、当然私の自作ですがw

いや、最初は『最近、全然プレビューらしいプレビュー書いてないから、今回はちゃんと書こう』と思ってたんですよ。

けど、開始数行で田代へのアツい気持ちが暴走wし、そこから完全に脱線w要約すると「俺は鹿島が大好き」というだけの記事になってしまいました。(^_^;)

次こそ頑張ります。m(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

成長の軌跡を。J1第26節 対大宮戦(プレビュー)

明日、ホームのカシマスタジアムで行われるJ1第26節 対大宮戦。

前節、素晴らしいサッカーを見せてくれた鹿島ですが、レポでも書いたとおり、大事なのは続けること。チーム全体での連動したプレスをベースにした攻守の切り替えの早さ。まず、これを続けて欲しい。

ACLを逃してはしまいましたが、リーグ戦だけに目を向ければ、いつの間にか苦手の夏場は終わっていました。しかも、現状のポジションは昨季と比べ物にならないほどいい(^_^)v。例年通り、ここから右肩上がりでいければ、優勝は十分狙っていけます。そして、その例年の終盤右肩上がりとセットで語られる選手。鹿サポならわかるはず。そう、田代です。私は以前ブログで「通年で高いレベルで安定したパフォーマンス」を田代に求める記事を書いたことがありましたが、今季もそれは果たせなかった。しかし、だからといってシーズンは終わったわけじゃない。以前よりも激しいハングリー精神で定位置を奪い返すぐらいのパフォーマンスをこれから見せて欲しい。そして、マルキや興梠、佐々木もそれに負けないという気持ちで頑張って欲しいですね。そのポジション争いがチームに力を与えてくれる。

あと、昨季は小笠原復帰がカンフル剤になりましたが、今季はその小笠原の離脱が逆にカンフル剤になる予感がしています。前節は青木と中後がボランチを担いましたが、まだまだ虎視眈々とポジションを狙っている選手達がいます。ボランチ含め中盤ではかなり激しいポジション争いが期待できる。

それには、前節CBで高いパフォーマンスを見せた伊野波もかなり貢献しています。なぜなら、中田が間違いなく危機感を持ったはずだから。「ボランチもCBも安泰じゃない」とね。伊野波のCBでの高パフォーマンスはCB争いだけでなく中盤の争いにも飛び火したというわけです。野沢や増田も黙っているわけないしね。

小笠原というある意味レギュラーと控えを分けていた「バランサー」が離脱した事により、本当に鹿島のチーム全体のパワーバランスがいい意味で崩れて、近年稀に見るポジション争いが起こってくると見ています。これは、間違いなく鹿島が次のステージにいくチャンス。私、勝手に妄想してワクワクしていますw

ここからの残りのリーグ戦は、"新生"鹿島の成長の軌跡を見せて欲しい。それを見せることができれば、自ずと結果はついてくる。そういう意味で、今節も落としてはいけない。頑張れ鹿島!!

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:2 | トラックバック:0 |

今夜はオンで会いましょう。(^_^)v

さっき確認したんですが、XboxLIVEの24hメンテナンスは無事完了したみたいですね。(^^

というわけで、皆さん今夜はオンで会いましょう。(^_^)v

まあ、どれだけの人が見てるのかという問題もありますが(^_^;)、部屋立てますので、見慣れたゲーマータグを見かけたら、メッタメタにしてやって下さいw

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

ソウルキャリバー4 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その16)

さて、久々にその16。


66B(ホールド),B(中(なんちゃってキャンセル),中):前方に走り込みながらの、中段突き2段。1段止めならガードされても確反無さそう。2段出し切りガードされるとあります。ノーマルヒットでは連続ヒットしませんが、カウンターなら連続ヒット。ヒット確認して2段目を出していくのは無理っぽいので、最初からカウンター狙いで使っていきます。いいシチュエーションとしては、中距離で相手がランしてる時。「おいおい、突きなんだからかわされるだろ。」と思うかもしれませんが、中距離からだと1段目の追尾能力が結構高いので、ランカウンターからの連続ヒットが見込めます。しかし、近距離からでは追尾能力がガクンと落ちますし、逆に遠すぎて1段目がスカってしまうと、2段目の追尾能力が皆無に等しいために、かなり痛い反撃をもらうことになるので注意が必要。上手い具合にカウンターで連続ヒットすれば、相手は崩れ落ちるので、相手の行動に合わせて3B等でしっかり追加ダメをとっておきましょう。私はたまに、2B+Kを置いておいたりもします。あと、2A+Bとキャンセル背向けで揺さぶるチャンスにもなりますね。他には、A+Kからの展開とか。この技に限らず、スタン等がとれる技後は色々とオリジナルのやり方を考えていくと、シャンファがますます楽しくなりますよ。いつも確定コンボだけじゃなくて、自分なりのオリジナルの展開を考えてみましょう。あと、よく使うのが1段止めからの下段技(1Aとか2Kとか3A,Kとかね)移行。2段目見越してガードで固まる相手には有効な手です。で、それに対処してくるようになったら、1段止めから1B+Kを使っていく。1B+Kは軸をずらすので突きや縦斬り系を避けるのは想像がつくと思いますが、実は上段も避けます。(^^地味に強い技なので、色々なところに仕込んでいきましょう。それから、なんちゃってキャンセル。この移行ルートは2段目見越して固まる相手に有効です。どんどん使っていいと思います。

66B,B

66[B]


66B,4(中,インパクト):上記の技の1段止めから、インパクト属性の技を出す連係。インパクトは確か縦斬り系だけだったような・・・。正直、使い勝手は良くないので、これを選択するぐらいなら、上で書いた1段止め~1B+Kの流れの方がいいんじゃないかなと個人的には思います。

66B,4


66B,B,4(中,中,インパクト):こちらは2段出し切った後、インパクト属性技を出していく連係。これは、1段目ガードされてるのに2段目まで出し切ってしまった時の保険として置いたりしてますが、やはり性能はいまいち。なので、しっかり確反うってこない相手なら、下手に動かずに出し切り後ガード安定もありだと思います。ただ、こういう技をガード後に投げを打ってくる相手もいますので、注意していきましょう。

66B,B,4


33or99B(ホールド)(中(なんちゃってキャンセル),中,中):斜め前に移動しながら、体を回転させたダイナミックな縦斬り3段を繰り出す技。カウンターで全段確定で十分な破壊力。ただ、1ボタンで3段出てしまうので、普通に使うと相手のGIの餌食ですし、ガードされても痛い確反ありです。ですので、ホールドによるなんちゃってキャンセルを使っていきましょう。これで相手に的を絞らせないようにしていけば、高確率で3段ヒットさせていくこともできます。まあ、私的にはあまり使っていく技ではないですね。時々、急に思い出したように使いますw

33B

33[B]


22or88B(中):横ランからの中段浮かせ技。うーん、あんまり使ってない。浮かせても状況によってコンボ入らなかったりで使いにくいんですよね。ガードされると確反だし。これなら、2or8☆Bの方が使い勝手がいいと思います。動きの見た目が飽きた時に、アクセントとして使ったりはしてます。あと、確反として役立つ場面があることが最近わかってきました。

22B

(その17に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:0 | トラックバック:0 |

定着、復帰、そして・・・きたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

本日、サッカー日本代表が発表されましたね。

私的には「篤人は当然入って、青木が復帰できたら嬉しいな。」ぐらいに考えていました。青木の復帰を予想してたのは清水戦にオカが来てたから。

で、先程ケータイのサッカーサイトをチェック。GKから順に見ていく。「篤人は・・・完全に定着したな。」「青木は・・・おおっ!!復帰してるっo(`▽´)o!!」とMFまで見ました。

で、残るはFW。「玉田、巻、佐藤・・・やっぱ常連かー」と思った矢先に目に飛び込んできた名前!!








興梠ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!








遂にきた!!興梠がフル代表に呼ばれる日が!!au oneブログ時代から読んで頂いてる方達にはお馴染みですが、私は大好きな鹿島の選手達の中でも興梠が特に好きです。(^^

入団当初から「コイツは只者じゃない」とずっと追いかけてきてました。au oneの方のブログに書いていますが、私が興梠を一言で表す言葉は「勝負できるヤナギ」。

軽く説明しときますと、皆さんよくご存知な通り、ヤナギは素晴らしいオフザボールの動きでゴールを奪うのが得意なFWでしたね。しかしその反面、単独での局面打開には物足りなさが残るFWでした。

で、興梠はというと、この単独での局面打開が得意な選手だったんです。入団当初はMF登録で、あのセレーゾが「小笠原以上の逸材」という言葉を残したのは有名な話ですが、私は「さっさとFWにコンバートさせろ」と思っていました。で、「ヤナギの動きを勉強させろ」とね。

それから時が経って興梠はFW登録に。この時に言い放った、「MFは疲れるんで」という言葉は、私一生忘れないと思いますw

そして、コンバートした興梠はヤナギのオフザボールの動きをどんどん盗んでいった。なかなか出場できずに苦しんだ時期もありましたが、それも糧になったと思います。そして、昨季はマルキと出会い、マルキの技をも盗んでいく。腕の使い方なんか、本当に上手くなりましたよ。

そういう風に見てきたので、興梠がヤナギの「13」を受け継いだ時は涙が出るほど嬉しかったです。

そして、その興梠がフル代表に・・・。本当に感慨深い。しかし、まだ選ばれただけ。これから南アフリカでの出場目指して頑張って欲しい。以上、興奮気味で何書いてるか分からなくなってきた2-DATEでした。(^_^;)

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

サッカー | コメント:0 | トラックバック:0 |

そういえば、今日は・・・

そういえば、今日は16時から24時間に渡ってXboxLIVEのサービスが停止するんですよね。秋の大型アップデートに備えての作業とかなんとか。

ここ2日ほどオンしてなかったので今日はキャリバー4のオン対戦やりたかったんですがねー。まあ、期待の大型アップデートのためなら仕方ない。今日は「技解析」に注力することにします。(^^

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

ゲーム | コメント:2 | トラックバック:0 |

F1も凄かったですね。

鹿島の試合のチェックが遅くなったのは、実はF1を見てたからなんですよね。(^^;今日はもう遅くなってしまい、鹿島のレポで精一杯なので、F1については後で詳しく書こうと思います。まあ、驚きの結果だったことだけは間違いないですね。(^^

テーマ:F1GP 2008 - ジャンル:車・バイク

車・モータースポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

この試合をスタートに。J1第27節 対清水戦(2-0勝利)

本日、ホーム鹿島で行われたJ1第27節 対清水戦。鹿島は青木の見事なバースデーゴール(しかもホーム初ゴール)と、マルキーニョスの6試合連続ゴールで見事に勝利をおさめました。(^^

この試合私が注目していたのは、鹿島のプレッシングでした。いい時の鹿島はチーム全体でプレスがかかり、ボールを奪ったときの距離感がいいため、そこからスムーズに攻撃へ切り替えることができます。それが、ここ数試合では上手くいっていなかった。

で、この試合がどうだったかというと・・・本当に素晴らしかった。前線から興梠とマルキがチェックし、中盤でも激しいプレスで清水に自由を与えない。DFライン~中盤~前線の関係が非常に良く、攻守を素早く切り替えていました。

その原動力となっていたのがボランチの二人、青木と中後です。私がプレビューで書いた、「小笠原に帰る場所を与えない」というぐらいの働きを見せてくれました。両者とも激しいチェックと気の利いたカバーリングを見せながら、どんどん前線に顔を出していく。本当にバランス良くやっていましたね。しかし、青木の爆発的なスピードは国内の他のボランチとは異質の素晴らしい可能性を感じさせますね。中後も今までの散らし役のイメージだけでなく、タイミングのいい上がりで相手のバイタルに顔を出し、危険な存在になっていました。得点したので青木が目立っていましたが、中後の働きは大きかったですよ。このコンビ、熟成して欲しいですね。

OMFの二人も、本山はミスも多かったですが、それをカバーする運動量で気持ちが入ったプレーを見せ、ダニーロは相変わらずの異次元プレーで相手を翻弄。本当にプレー自体はスローなんですが、緩急が素晴らしい。このタイプの違う二人に野沢や増田、その他の若手が絡んでくるOMFはこれから注目だと思います。

それからFWは、あうんの呼吸が素晴らしい。2点目はその真骨頂という感じ。興梠は「自分で打とうと思ったけど、マルキの声に負けましたw」と笑いましたが、本当にいい関係が築けていると思います。それだけに、来季もマルキは残留させたいね・・・。ガンバやオイルマネーに狙われているようですが、この二人に田代、佐々木、大迫とくるわけですから、このベースは残したい。

ソガ含めのDF陣も素晴らしかった。13分のピンチのシーンも気迫のブロック。中盤との守備の連動も素晴らしく、サイドバックの二人はタイミングよく、バランスよく攻め上がってチャンスを量産していました。CBの二人も清水のフィジカルの強いFW二人に対して体を張った素晴らしいディフェンス。特に伊野波はこの試合で何かを掴んだ気がします。(^^

というわけで、鹿島の快勝と言っていい試合だったと思います。しかし、これを続けるのが大事なこと。鹿島の伝統のストロングポイントである、1試合を通しての集中力がキーワード。さあ、この試合をスタートにこのメンバーでタイトルを取ろう!!頑張れ鹿島!!

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

この試合をスタートに。J1第27節 対清水戦(2-0勝利)

本日、ホーム鹿島で行われたJ1第27節 対清水戦。鹿島は青木の見事なバースデーゴール(しかもホーム初ゴール)と、マルキーニョスの6試合連続ゴールで見事に勝利をおさめました。(^^

この試合私が注目していたのは、鹿島のプレッシングでした。いい時の鹿島はチーム全体でプレスがかかり、ボールを奪ったときの距離感がいいため、そこからスムーズに攻撃へ切り替えることができます。それが、ここ数試合では上手くいっていなかった。

で、この試合がどうだったかというと・・・本当に素晴らしかった。前線から興梠とマルキがチェックし、中盤でも激しいプレスで清水に自由を与えない。DFライン~中盤~前線の関係が非常に良く、攻守を素早く切り替えていました。

その原動力となっていたのがボランチの二人、青木と中後です。私がプレビューで書いた、「小笠原に帰る場所を与えない」というぐらいの働きを見せてくれました。両者とも激しいチェックと気の利いたカバーリングを見せながら、

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

さすがロッシ!!MotoGP第15戦日本GP

本日、栃木県のツインリンクもてぎで行われたMotoGP第15戦日本GP。

いやー、さすがロッシというレースでしたねー。上位争い自体も、ストーナー、ペドロサ、ニッキー・ヘイデン、ロレンツォと役者揃い。で、序盤はペドロサリードでストーナーとロッシが続き、中盤からストーナーとロッシのバトルと誰かがシナリオを書いたかのようなレース展開。二人ともファステストを更新しながらの素晴らしいバトルでした。(^^そして、14週目にロッシがトップに立ち、そのままトップでチェッカー。3年ぶりの王座復権です。

しかし、序盤に3位(3位以上なら王者確定でした)につけた時点で安全にポジションを守ることをせずあくまで優勝を狙い、完遂したロッシはさすがでした。このレースを楽しみにやってきたファンの事まで考えているようで。これが本当の王者だなと本当に思いました。

さあ、これでチャンプは決定しましたが、残り3レースも素晴らしいバトルを期待したいと思います。(^^各ライダーも来期につながる戦いをしたいでしょうしね。しかし、ロッシ嬉しそうだったなー。良かったー。(^^

テーマ:MotoGP 2008 - ジャンル:車・バイク

車・モータースポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

3年振り王座!!

ロッシ、3年振り王座きましたね。(^_^)v

こちらも休日出勤の関係でまだ見てないので、後程。

テーマ:MotoGP 2008 - ジャンル:車・バイク

車・モータースポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

よっしゃ!!

鹿島勝ったぁ~!!

今日は恒例の休日出勤(泣)だったので、帰って録画見て印象とか書きます。

とにかく、鹿島の新世代のキャプテンともいえる青木のゴールが出て勝っているのが嬉しい!!o(`▽´)oバースデイゴールだし。青木おめでと♪

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

3年振り王座くるか!?MotoGP第15戦日本GP

本日、ツインリンクもてぎで開催されているMotoGP第15戦日本GPですが、何といっても注目はロッシの3年振り王座が決まるかどうかですね。

予選は、2位にランキング2位のストーナー、ロッシは4位につけました。ポールはロレンツォ。で、ロッシの王座が決まる条件を以下に整理します。



1.ロッシが3位以上に入れば無条件で王座獲得(ストーナーが優勝しても決定。)。

2.ストーナーが2位なら、ロッシは8位以上で王座獲得。

3.ストーナーが3位なら、ロッシは12位以上で王座獲得。

4.ランキング3位のペドロサが優勝しても、ロッシが10位以上なら王座獲得。



まあ、ロッシの優位は動かないですが、ストーナーには意地を見せて優勝して欲しいですね。私の予想は、優勝:ストーナー、2位:ロッシ、3位:ロレンツォて感じで。

あと、心配なのは天候ですが、どちらにしろいいバトルが見られる事を望みます。(^_^)
車・モータースポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

デジャヴ。J1第27節 対清水戦(プレビュー)

相変わらず、プレビューとは言えない内容でお送りしますw

本日15時からホームのカシマスタジアムで行われる、J1第27節 対清水戦。鹿島は先日のACL準々決勝での敗退で、アジア制覇の夢は絶たれました。しかし、それは今季のACLが終わっただけ。来季はまた違う開催方式でACLが開催されます。そこでリベンジを果たすためにも、今季の残りの戦いをしっかり行い、出場権を獲得しなければなりません。

昨日の練習では、新井場も元気に参加していたし、本山あたりはかなり気合が入っているように見えました。全体的にも明るい表情が目立ち、選手たちは気持ちの切り替えができていると思います。確かに、離脱した小笠原は鹿島にとって唯一無二と言っても過言ではない選手ですが、若手には小笠原の留守をあずかるという意識ではなく、小笠原に帰ってくる場所を与えないというぐらいの意識で頑張って欲しい。中田だって、このまま不完全燃焼で今季を終わりたくはないでしょうし。

相手の清水はナビスコで決勝進出を決めたあたりから、急激に調子を上げてきて絶好調の状態です。しかし、そういう絶好調の相手を倒すことで、こちらも波に乗っていけると思います。リーグをとるには、ここからの試合は落とせません。とにかく、勝利が欲しい。

あと、タイトルにデジャヴと書きましたが、今の鹿島と昨季9連勝する前の鹿島が私にはダブって見えることから、そう書きました。タイトル獲得への視界が決して良好ではない状態。昨季は勝点差から、今季は大黒柱の離脱からとシチュエーションは大分違いますがね。ただ、今回のシチュエーションはチームの力を底上げするチャンスですし、得られるものは昨季より格段に大きい。それだけに、小笠原抜きのメンバーでタイトルがとりたい。頑張れ、鹿島!!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ホントに低っ!!!!!w

今日、テレビでK-1やってましたよね。で、バダ・ハリとチェ・ホンマンの試合を見てたかみさんが一言。「チェ・ホンマンの乳首の位置、やたら低くない?」って、おいおい試合見ないで何を見てるのかw

だが、その一言から試合よりもホンマンの乳首が気になって仕方ないw


ホンマン4
・・・ん?


ホンマン3
あれ・・・?


ホンマン2
ちょっとこれは・・・。


ホンマン1
ホントに、低っ!!!!!w



試合自体はなかなかいい試合でしたが、判定の間も気になって仕方ありませんでしたwホンマンが負傷して棄権したため、次以降は見ることができないですが、しかしホントに低い(しつこいw)

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

XBOX360プレイヤーズガイド(2008秋版)

先日、XBOX360の2008秋版プレイヤーズガイドを近所のヤマダ電機でゲットしたので、ちょっと中身をアップします。


プレガ1
表紙。JRPG4連発を柱にしているのが分かります。


プレガ2
一発目は当然これ。本体値下げ!!


プレガ3
今月発売された、「インフィニットアンディスカバリー」。


プレガ4
11月20日発売の「ラストレムナント」。「スクエニ」が「ドラクエ」「FF」に並ぶ存在にしたいと意気込む完全新ブランドRPG。絶対、買う。


プレガ5
個人的に一番期待している「スターオーシャン4」。2009年春発売予定。当然、買う。


プレガ6
これのためにXBOX360を買っても損はしないと言い切れる名作、「テイルズ オブ ヴェスペリア」。


プレガ7
どっちも洋RPGだけど、気になっている(特にフェイブル2が)2作、「フェイブル2」と「マスエフェクト」。


プレガ8
これも気になる。「フォールアウト3」。「マイト&マジック」はあんまり興味ないけど、「オブリビオン」はやっておきたい。今の積みゲーがもし消化できたらねwあと、「ソウルキャリバー4」は今更語る必要も無いですね。


プレガ9
「GTA4」。まあ、正直すげーやりたい。「10月30日」という発売日は、「10月はゲーム買うのやめて積みゲー消化しよう」と思ってる私の心理を見事についてますw


プレガ10
やっぱり、これはおさえておきたい。「バイオハザード5」。まあ、来年3月発売だからまだ考える必要は無いか。




以上、注目作をかいつまんでアップしました。しかし、本当に財布が悲鳴上げて大変な事になりそうですね。(^^;

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

クラブハウスでの写真

クラブハウスでの写真をアップです。正直、練習風景はほとんど撮れてませんw


クラブハウスのエントランス
クラブハウスのエントランスですね。


マルキーニョス
練習に向かうマルキ。ガンバやオイルマネーに狙われてるらしいですが、残って欲しい。


ダニーロ1
同じく、練習に向かうダニーロ。29歳とは思えない貫禄w


pra1
ACLは残念だったが、オリヴェイラの指導の下、再スタートしよう。(^^


ダニーロ2
練習するダニーロ。柔らかいボールタッチが素晴らしい(^^




以上、いまいちな写真ばかりでしたがアップしました。(^^;かみさんは中田あたりの写真を撮りたかったようですが、何故か撮れていませんでした。練習に向かうとき、普通に撮れたのにね。まあ、とにかく明日の清水戦からいい再スタートを切って欲しいです。それから、サポーターもね。あの騒動に関係した人間は全員無期限観戦停止処分にしたようだし、最前列での旗振りも禁止にしたようです。二度とあのような事が無いように願いたい。


あと、こゆず☆さん、誓志の写真はいつの間にかグラウンドに出られてて撮れませんでした。(^^;また今度、頑張ります。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日は、練習見てきました。

今日は、仕事が休みだったので、クラブハウス行って練習見てきましたよ。

ちゃんと最後まで見たかったんですが、一番下の娘が限界にきてしまってじっとしてられなくなってしまったので、途中で帰りました。(^_^;)

ACLは敗退しましたが、選手達は明るい表情で練習をこなしていました。仕切り直して頑張って欲しいです。(^-^)

写真、かみさんが何枚か撮っていたので、後で少しアップします。

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

鹿島アントラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

モバイル向けにもカウンター配置。

先程、モバイル向けにもカウンター配置しました。アクセスだけね。

高い拡張性に戸惑うと共に、楽しんでいます。o(^-^)o

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その15)

さあ、移転後初の「技解析」。その15です。ランからの技に入ってきたので、そろそろ先が見えてきたかな。


66A(上):前方に走りながらの横斬り。上段ですが、判定が強いので相手のラン潰しに最適。ただ、これだけだとしゃがまれたら終わりなので、6方向ランKや3or9方向ランA等の中段も見せながら使っていく。開幕にランで様子を見てくる相手にいきなり出すと結構当たってくれたりしますね。あと、ノーマル、カウンター問わず吹っ飛ばし効果有なので、開幕にヒット後、しっかりと構築された起き攻めを決めれば、1ラウンドそのまま持っていくことも可能です。ただ、ガードされると確反有なので、見切られないように注意。上手い人はしゃがんでくるしね。

66A


33or99A(中):斜め前に走りながらの中段横斬り。ガードされ時に確反有ですが、カウンターヒット時のスタンのために狙っていきたい技。上記の6方向ランAと同様に開幕に使っていくのも悪くない。ただ、上級者は高確率でスタン回復してくるので相手見て使っていきたいですね。相手がスタン回復できなければ、A+Bや3Bからのコンボや、下段投げからの展開を狙っていきます。高確率でスタン回復してくる相手には、2A+Bと2A+Bキャンセル背向け等でプレッシャーかけても面白いですよ。暴れられたら終わりだけどw

33or99A


22or88A(中,中):横へのランからの中段2段。ノーマル、カウンターヒット共に若干有利?まあ、技後しゃがみ移行で発生の速い上段横斬り系はくらわないので不利を感じることは少ないはず。ガードされても、同様の理由によりその後の展開にあまり不自由さは感じません。てか、本当に体感ばっかりですいませんね^^;。フレームは他で見てくださいwキャリバー2の頃はランが高性能だったので、かなり使用頻度高かったのですが、今もその癖が抜けなくて結構潰されたりしてます^^;。でも、判定も強いしまだまだ使える技ですよ。この技からしゃがみAorKで相手の立ち上がり潰しを逆に潰してからの立ち上がり途中A+Bが結構好きな展開。これをしゃがまれるようになったら、しゃがみ3B等の中段や下段投げ等も生きてくる。あと、これの後に44B置いといてもいいかな。注意点としては2段目がスカりやすいこと。間合いをしっかり見極めて。

22A


11or77A(上):斜め後ろに下がりながら横斬りを放つ技。相手の飛び込みに対して使えなくもないですが、相手の行動次第になりますし、発生の遅さから先読みで置いていく感じで使っていかないといけないので、本当に使いどころが難しいです。ガードされても、特に不利は無いように感じますが、ガードさせて云々・・・みたいな技ではないと思うので考えるだけ無駄かなと思います。面白い使い方としては相手を誘い込むフェイントに使うやり方。まず、わざとスカる距離でうっていき、相手がチャンスと思って飛び込んできたところにカウンターを狙っていきます。フェイント後に使う技によって結構有効な手になってきますので、色々と試す価値ありです。なんにしても、使っていくにはセンスが問われる技ですね。私はセンス無いのでだめですw

11A


44A(ホールド),A(中(なんちゃってキャンセル),上):後ろに下がりながら放つ、中,上段の連係。この技は優秀です。1段目ヒットすればノーマル、カウンター問わず連続ヒット確定でノーマルヒットでもダメ47と十分な破壊力。ヒットさせたらもちろんのこと、ガードさせても有利という素晴らしさ。1段で止めヒットの場合は、ノーマルで有利フレ、カウンターでスタンですが、スタンからのコンボがあまりおいしくない(それでも相手の起き上がりに2B+Kとかは面白いと思う)。それに、1段で止めてガードされた場合のみ不利になる(確反は無し)ので、基本2段出し切りでいいと思います。2段目までガードさせれば、タキのAにもこちらのAで打ち勝ちますから。相手が無理矢理攻めてくるなら、A,A,Bや1B+K等でターンを継続していきましょう。注意点としては、コマンドの関係上リーチがちょっと厳しいこと。強い技ですが、リーチには注意して・・・というか、トレモで剣の先端がヒットする間合いをよく検証してから使用していくのがいいと思います。それから、強い技な分、なんちゃってキャンセルも使いやすいので、十分に使っていけます。最近は、2段目しゃがむ人増えてきたので、1段止めも視野に入れて。カウンターとってたら勿体無い?いやいや、手痛いコンボもらうよりはましですって。

44A,A

44[A]

(その16に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:2 | トラックバック:0 |

au oneブログのブロ友さんのブログをリンクに追加。

au oneブログのブロ友さん達のブログをリンクに追加しました。

これからもどうぞヨロシクです。o(^-^)o

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

プロフィール画像とリンクを追加

プロフィール画像とリンクを追加しました。

リンクは、いつもお邪魔させていただいている、「熱烈歓迎的売り切れ続出XBOX360-東京シュガータウン-」というXBOX360に関するブログです。いつも楽しく拝見させてもらってます^^なんと、XBOX360のオフィシャルファンサイトですよー。すげえ。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゲーマータグ追加しました。

つい先程、XBOX360のゲーマータグを追加しました。こういうのがau oneブログじゃできなかったんだよねえ。まだまだ手探り状態ですが、徐々にバージョンアップしてこうと思います。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

とりあえず、転載だけ終了。

とりあえず、旧ブログで作った「技解析」の転載を終了しました。

後でリンク等使って見やすくする予定。移転後初の「技解析」は今夜あたりになるかと。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

ソウルキャリバー4 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その14)

その14。


A+K,B+K(ホールド)(中(GB付き中)):その13の最後で出た特殊移動からの中段。もちろん上段回避つき。ノーマル、カウンター問わず吹っ飛ばし効果。ホールドでGB効果がつくが、発生が遅くなります。前回書いた、特殊移動からの立ち上がり途中技などよりもスムーズに技に入っていけるのが良い。ガードされると若干不利っぽいですが、距離が離れるので仕切り直せるし、即反撃してくる相手にはガードインパクトも狙えます。あと、特徴としてはソウルゲージ削り能力。CFを狙うなら、地味にガードさせていきましょう。

A+K,B+K

A+K,[B+K]


2A+K,Kor2K(下,中or下):発生が速いとは言えない下段蹴りから、中段蹴りか下段蹴りに派生する技。出掛かりは上段当たりますが、出てしまえば上段回避です。ノーマル、カウンター問わずダウン効果。この技は確かに発生は遅いですが、あまり使われない事と、モーションが変わっている事が相まって、ガードされ率が低いです(一応、2択になるし)。初めて当たる相手ならどんどん出していってもいいかも知れません。私的には使える技だと思ってますが、あまり使い過ぎると読まれてしまうので注意。あと、ガードされたら不利ですので、ガードインパクトを仕込んどきましょう。この技に限らず、不利フレ時にはガードインパクトを仕込んどくといいですよ。

2A+K,K

2A+K,2K


4A+K(ホールド),A(中(なんちゃってキャンセル),上):横斬りインパクト属性つきの中段(発生遅い)からなんちゃってキャンセルと上段に派生する技。ノーマルヒットでも連続ヒットし、かなり有利フレとれます。ただ、発生が遅いので、それをカバーする使い方が必要です。まあ、正直忘れていた技なので、有効な活用法が確立できていないというのが本音です。それに、1段目をガードされると2段目との合間に割り込まれますし、1段目で止めても確反ありなので注意。あれ?これって趣味の技?w

4A+K,A

4[A+K]


G+K(挑発):対戦中に欠伸をする挑発。私はあまり挑発が好きではないので使いませんが、誤入力で出ると結構相手が固まるので、使えなくもないかも。まあ、使わない方が何かといいかなと思います。

G+K

(その15に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その13)

その13。


4B+K(,G)(中段ガー不(キャンセル)):比較的発生の速いガード不能技。相手の起き上がりに置いておくとたまにくらってくれます。しかし、慣れた相手にはなかなか通用しないので、Gキャンセルも使っていく。このGキャンセルはキャンセルの受付時間が長くて使いやすいので、潰しにくる相手の行動を見ながら使っていきましょう。ガード不能を使う時というと、一発逆転を狙いたい時というイメージがありますが、そのイメージは捨ててどんどん使っていくべきだと思います。この技のモーションを見ると、横移動する人が多いので、キャンセルからダッシュ投げなんか有効です。

4B+K


背向けB+K(中):前に2A+Bキャンセル背向けのところで選択肢の本命にあげた背向けからの中段蹴り。ノーマルヒットでもスタンがつくため、下段投げなどへの展開が期待できる。あと、したらばに書いてあったんですが、aBヒット後などにダウンした相手を22or88Kで飛び越すと背向け状態になるので、そこから投げor2Kとの2択を迫るのも面白いです。

背向けB+K


背向け2B+K(下):こちらは、背向けからの下段蹴り。こちらも背向けB+Kとの2択に使えるのですが、ノーマル、カウンター共に有利フレはとれるものの、背向けからの投げのようにダメージ高くないし、2Kのように確定の追撃が入るわけでもないという事で、ちょっと使いにくい感じがします。が、2Kとの違いとして、立ち状態移行があり、硬直も短いため、ガードされた時の動きやすさはこっちに軍配かなと思います。ガードされても若干有利くさいし。使用頻度低かったですが、ちょっと使う気になってきました。でも、やっぱりあんまり使ってない俺w

背向け2B+K


A+K(ホールド)(特殊移動(なんちゃってキャンセル)):上段回避つきの特殊移動。移動後はしゃがみ状態なので、各種立ち上がり途中技や投げをうつ事もできます。これは本当に使い手のセンス次第で、ランからの飛び込みや起き攻めへの活用等、可能性は無限(大げさか)。なんちゃってキャンセルがついてるのもニクい。開発者側からの「使いこなしてみやがれ」というメッセージが伝わってくるようです。私?大分使えるようにはなってきましたよ^^

A+K

[A+K]

(その14に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その12)

その12です。


6B+K(ホールド)(中,中(なんちゃってキャンセル)):発生の速い中段2段。ノーマルヒットでも連続ヒットでダメ36。ヒットなら有利。ガードだと若干不利っぽいんだが、相手をしゃがませることにより、結果的に相手の技が発生の遅いものになるため、五分と見ていいと思います。見た感じよりも発生が早いので結構当てることができますが、ランには弱いので注意。固めに十分使っていける優秀な技。リーチは短い。ホールドでのなんちゃってキャンセル移行ルートとしてもオススメ。確反としても○。

6B+K

6[B+K]


3B+K(中):上段回避性能の高い中段技。発生はそれほど速くないが出掛かりから相手の上段を回避するのでエンスト的に使える。エンストみたいに確反には使えないけどね。(エンストの性能は反則)相手の連係を見極めて、上段に合わせて当てていきましょう。吹っ飛ばし効果もあるのでリング際ならリングアウト狙いで。相手にとっては、結構うざい技だと思います。

3B+K


2B+K(ホールド)(密着:特中、離れ:下(なんちゃってキャンセル))距離によって効果が変化する技です。密着なら特殊中段で相手ガードならガードブレイクします。確定するものは無いですが、後の展開が有利に。離れていれば、下段で相手はスタンに。ただ、この技によるダメージは0。スタンとれれば、コンボのチャンスです。これだけ見ると使い勝手のいい技に思えますが、発生がガード不能技並なんで使いどころを考えて。まあ起き攻めに使うのが一番思いつくやり方ですが、第一選択肢にはなりえない。ですが、たまに出していくといい感じに引っかかります。対処に慣れた相手にはなんちゃってキャンセル。面白い選択肢ですよ。

2B+K

2[B+K]


1B+K(中):軸をずらしながらの中段技。縦斬り(相手との位置関係と相手の技のリーチによっては上段横斬りも)を避けて攻撃できる。この技は相手の縦斬りによる反撃を誘って当てていくのが良し。ヒットで有利、ガードされても確反は無しです。使い方の一例を。まず、通常の立ち回りで66Bから下段の流れを見せておき、66B後の縦斬り反撃を意識させておく。で、そこに66Bからこの技にいくと面白いように当たります。あとは、硬直の短い技をガードさせた後に置いといてもいいですね。4Kの後とか。縦斬りが多めの相手には生で出していってもいいです。ダッシュからいきなりも有効。ただ、あまり過信し過ぎないように。私、この技から2Kが手癖になってて困ってますw

1B+K

(その13に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その11)

その11。


しゃがみA+B(ホールド)(下(なんちゃってキャンセル)):しゃがみ状態から上にジャンプしてのフェイントからの下段技。ジャンプ部分には多分下段回避がついてるんじゃないかと思います。が、相手の下段に合わせていくのは結構厳しいので、そういう使い方には向かないかなと思います。使用法としては、相手が混乱して立ちガード安定を選びたがる状況で使っていく。すると、更に相手を混乱させることができます。多用したり、パターン化すると相手の目が慣れてしまうのでふと思いついた時に出していくぐらいがいいバランスかと。あと、ガードされてもほぼ五分というか、タキにガード後A,A打たせてこっちも最速でA,Aだしたらかち合うぐらいなんで、最低ガードさせれば怖いことは何もありません。スカりには注意ですが。最初持っていた印象よりは、振っていってもいい技なんじゃないかと思います。モーション的に不利大きそうなんですが、見方を変えて使っていきたい。あと、リーチも長いし。それから、この技もホールドで「なんちゃって」移行です。このなんちゃって移行は、ちょっと動作がぎこちなくてカワイイです。「おっとっと」みたいな感じで。潰され率は高いです^^;間違って出しちゃったぐらいの頻度なら引っかかるかも?wうーん・・・。

しゃがみA+B

しゃがみ[A+B]


立ち上がり途中A+B(ホールド),(Bor2B)(下,上(なんちゃってキャンセル),(上or下)):立ち上がり途中からの下段スタートの連係。A+B後にBで上段(ノーマル、カウンター問わずスタン~ダウン)、2Bで下段に派生します。A+Bホールドならなんちゃって移行。まず、この技はよくよく見るとしゃがみガードで全部回避なんですね。だけど、発生もあまり速くない割にはヒット率は高い。上段派生と下段派生では2択にならんので、下段派生でのわからん殺し以外はほとんど使ってません。基本はしゃがステからの2段止め。ブログ主は相手をダウンさせた後A+Kでの接近から使うことが多いです。屈3Bとかとの2択で。派生に関しては、相手はしゃがめば全回避なんで、潰しにこなければまずしゃがんできます。そこで、2段止めから6B+K等の中段を出していく。そして、それと対にするのはワンテンポおいての投げや下段。派生を回避するためにしゃがんでしまって、派生が出てこず『しまった、中段がくる』と立ち上がった相手を捕らえます。それから、冷静に派生を潰しにくる相手に対しては2段止めからガードというのも選択肢に。なんちゃってに関しては、上記のものを意識させた上で使っていけば十分使えるレベル。ブログ主の使用頻度も高いです。

立ち上がり途中[A+B]

立ち上がり途中A+B,B

立ち上がり途中A+B,2B


仰向け(うつ伏せ)ダウン中A+B(下):これはwなんとも相手をおちょくってる技(?)です。1A+Bキャンセルのところでちょっとうつ伏せダウンの方は触れましたが、ダウン状態で下段を出すことができます。一見、相手の起き攻めを潰すのに使えそうに見えますが、硬直が長いのでリスクも高い。でも、個人的にはどんどん使っていって欲しい技です。カウンターヒット後投げとか有効。ただ、最近はジャンステ技で痛い目にあわされることも多いw

仰向けダウン中A+B

うつ伏せダウン中A+B


B+K(下):上段回避付きの下段技。(軸ずらしも若干入ってるかな?)この技はとにかくカウンター狙いで。カウンターでスタン~下段投げの流れにもっていけるのでね。ガードされてもタキのA,Aのガードが間に合いましたが、ターンは持っていかれます。しかし、狙いどころは相手の上段を回避してのカウンターなのでガードされる状況は少ないです。ちなみにノーマルヒットなら、2K出しとけば相手の反撃を潰せそう。(完全には検証してません。)とまあ、そこそこ使っていけそうな技なんですが、いかんせん軸ずれでスカりやすい。(^^;スカるとなかなか厳しい状態が待ってますので、その時は覚悟wですが、カウンター成功したときの見返りを考えれば、使っていっていい技だと思います。スカりが無ければ、44Bを越える厨技扱いだったでしょうねw

B+K

(その12に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その10)

その10。


1A+B(ホールド)(中(キャンセルうつ伏せ寝)):上段回避付きの中段技。ノーマルヒットだと若干有利。ヒット後Aなら、タキのAにも打ち勝ちます。カウンターならスタン。3B等から浮きも期待できる。しかし、ガードされると確反必至で辛い。まあ、上段回避を使ってカウンター狙いでいくのがいいでしょうね。いつも2A仕込むところにたまに仕込んでおく感じで。ランカウンター狙いでもいいです。他には、微不利時に置いておくと相手が上段で反撃してきた際にカウンターが取れます。カウンター取ったら3Bから空コンで。あと、ホールドでうつ伏せ寝移行。カウンターをフイにする可能性もありますが、フェイントとしてなかなか面白いです。うつ伏せ寝後にA+Bで撹乱したりしてね。あと、うつ伏せ寝後にすぐ投げを出すのも面白いですよ。決まったら、相手への精神的ダメージは甚大。ただ、当然リスクも高いので注意です。他にも色々選択肢があって面白いので、「たとえリスク高くても、人と違う事がやりてーんだ」って人は、このキャンセルを使ってみましょう。

1A+B

1[A+B]


4A+B(ホールド)(中,中(なんちゃってキャンセル)):出掛かりにインパクト属性付きな中段2段。発生が遅いのと、出掛かりに若干後ろに下がるのでリーチ的にキツい。相手の飛び込みに当たればリターンはデカいが、なかなか難しい。威力考えると、立ち合いでの使用法を確立したいところ。今現在の使用法としては相手を壁ヒットさせた後のコンボに。オススメは4Kで壁ヒット→4A+B×2→66B+Kでダメ90オーバー。4A+Bスタートなら100越えも狙えるが、追い詰められると相手も必死なのでなかなか難しい。相手の壁際での起き上がりに重ねるといいかもね。あと、ホールドで「なんちゃって」移行です。それから、この技を確反として使える相手の技を覚えておくと、プレッシャーがかけられます。なかなか無いけどねwあと、言うまでも無く高いリングアウト性能。ただ、当てるの難しいのよねー^^;相手の横斬りをインパクトしながら当てる方法については、「確反」の方で挙げているので、そちらを見てください。難しいのには変わりないけど、一つでも当てられるケースを増やすことは大事ですよね。

4A+B

4[A+B]


(その11に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソウルキャリバー4 シャンファ技解析的なもの(その9)

その9。


A+B(ホールド)(中,中(2段目キャンセルなんちゃって)):比較的発生の速い中段2段。ホールドで2段目キャンセルしてなんちゃってに移行。1段目ノーマルだと連続ヒットしないが、カウンターなら連続ヒットとなかなか使い勝手がいい(2段目浮くしね)。なんちゃってキャンセルを絡めて使っていくと相手を翻弄できるのでオススメの技です。1段目ガードで相手強制しゃがみだし。が、リーチがちょっと短いのでスカりには注意。ガードさせてしまえば距離も離れるのであんまり問題ないかと(エンストとか刺さるのかな?(^_^;))。ガードされ後、2A+Bとかいけるかも(キャンセル背向けでも面白い)。ただ、これよりもいい選択肢は他にもあるかなという印象です。

A+B

[A+B]


6A+B(中,中):これも比較的発生の速い中段2段。1段目ノーマルヒットで繋がらず、カウンターヒットなら繋がる仕様もA+Bと一緒。ガードされても2段目強制しゃがみさせるし、ほぼ五分っぽい。うーん、発生が若干遅いのかな?ただ、その分リーチはある(A+Bとの使い分けはこの辺り?)。カウンターなら叩きつけ浮きになるので、無難に66B+Kを当てときましょう。ノーマルでも2段目当たればダウンで起き攻め継続。優秀な技ですよ。あと、某有名プレイヤー氏のブログによると2段目の横移動ホーミングが鬼強いらしいです。ガードされても、その後44Bが強いので、通用するうちはぶっぱしてしまいましょうw開幕に持っていくのもアリ。カウンター取れれば、空コンウマーです^^

6A+B


2A+B(G)(下(キャンセル背向け)):この技はなかなかアツいです。基本はノーマル、カウンター問わずダウン確定の下段。これ単体でも、慣れてない人には十分通用します。初心者殺しとまではいきませんが、なかなか強力です。ただ、ある程度慣れた相手にはモーションで見切られます。じゃあ、ある程度のレベルより上の相手には使えないのか?答えは否です。この2A+B、技自体をGボタンでキャンセルし、背向けに移行する事ができます。この背向けは逆に初心者には潰される事が多いです。読み合いにならずに手を出してくるのでね。読み合いできる相手にはこのキャンセルをちらつかせながら、たまに2A+Bを出していったりするわけです。結構引っかかりますよ。キャンセル背向けからの展開は色々ありますが、2択を狙っていくのが基本。例えば、背向けからの2Kor投げとB+Kの2択。これはB+Kが本命。スタン~下段投げの展開が強力なので。そのために、背向け2Kや投げで相手に「しゃがみ」を意識させて、B+Kを当てるようにしていきます。他にも選択肢はありますが、まずはこの2択を、マスターしましょう。このキャンセル背向けをマスターすると世界が変わります。まあ、私が相手だったら、立ちガードで投げ抜け入力しておくかな。2Kは捨てるwあと、最近はキャンセル後の投げをしゃがんでくる人が増えたので、キャンセル後に下段投げを仕込むのもいい。某有名ティラ使いさんにも通用したので、結構いけると思います^^

2A+B

2A+BG

(その10に続く)



モチベの元にもなるので、1クリックお願いします。

テーマ:ソウルキャリバーIV - ジャンル:ゲーム

シャンファ攻略 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT